日本遺産認定「百世の安堵」~津波と復興の記憶が生きる広川の防災遺産~

紀州有田・南紀男山、廣八幡神社
「稲むらの火」で村人が避難した神社

 
廣八幡神社楼門

神社だより

4月25日(日)春祭

 16:00  神事式 巫女舞
 *もち投げは中止いたします。ご了承ください。

 巫女舞

5月 9日(日)廣八幡宮復称奉祝祭

 10:00 神事式 巫女舞
 11:30 奉納演奏 三味線奏者 西尾社中

当宮は明治期に「廣八幡宮」から「廣八幡神社」へと改称され、令和の時代まで続いていましたが、令和2年に正式に元の名称に戻りました。神社名変更はなかなか例が見られず、当宮にとっても150年来の歴史的な復称となりました。

『紀伊国名所図会』

欽明天皇の御代(西暦500年代)の創建と伝えられている当宮が、その創建時の歴史ある名称に復したことを祝し、廣八幡宮の神々にご奉告申し上げます。

奉納演奏もございますので、皆様どうぞご参拝ください。

ご参拝の際はマスクをご着用ください。
体調不良の方は来社をお控えください。

皆様のご協力をよろしくお願いします。

お問い合わせは≪0737-63-5731≫または≪62-2371≫まで

 
紀州有田・南紀男山、廣八幡神社
和歌山県有田郡広川町上中野206
Tel:0737-62-2371/0737-63-5731